Blog

ブログ更新情報


2021

ラストシーズンへ


今年度スタッフリーダーを勤めさせていただきます。

新4年MG齊藤千紗と申します。

初めに、日頃より多大なるご支援をいただいております、OB・OG、保護者のみなさまにはこの場をお借りし、御礼申し上げます。




まず初めに、このような機会を設けさせていただいたため、名城大学のスタッフ組織について少々ご説明させていただきます。





昨年度から、今年度にスタッフ活動を引き継ぎ、MG・MGstf・TRとポジションを3体制に分け各ポジションの基礎づくり並びに強化を図っていきたいと考えております。




「全学ベスト4」という目標

昨年からの先輩方の想いを引き継ぎ、スタッフとしてもスタッフの仕事が勝利に貢献できるよう、より一層力を入れたいと考えております。




プレーに参加することができないスタッフが「全学ベスト4」に向かい頑張るという姿勢はなかなか理解されづらいと思います。

選手の身体にアプローチし、フィジカル強化に努めるTR

選手の成果を記録し、データとして視覚化するMGstf

練習が円滑に進むよう、メニュー理解と時間管理に努めるMG

各ポジションで、自らが見つけた課題に向かい試行錯誤を繰り返し、部の勝利に貢献すべく日々スタッフ業を探求しています。




名城スタッフは、他大学に比べるとまだまだ発展過程にあり、ブラッシュアップできる仕事は山のようにあると思います。


今の名城スタッフに必要なことは、とにかく「挑戦する」ということだと考えています。




新しく何かを始めたり導入することは、失敗につながるのではないか、本当に意味があるのかと感じ一歩踏み出しづらいでしょう。




MGを発端とし、メニューの意図をプレーヤーの目線に立って理解に努めてみたり、TRを発端とし栄養管理への取り組みをしてみたりと、現時点でも新たなことへ取り組んでいます。




この取り組みをしたところで、練習の精度が上がるのか、プレーヤーは周知された栄養管理をみて実際に取り組んでくれるだろうか、これが勝ちに貢献できているだろうかなど様々な疑問を抱くこともあると思います。




しかし、失敗も収穫であると感じ、その上で改善点を見つければ、また新たな挑戦ができ、名城のスタッフが勝ちに貢献できるものとなるはずです。




ここから少し私の話をさせていただきますが、




世代交代後、私はスタッフリーダーを努めることになりました。

小学校から高校までの間、部活動には所属していたもののこのような責任のある立場にはなったことがありませんでした。


今までの自分の部活に対する姿勢と役職にかなりのギャップと焦りを感じました。


なんとしてもこの1年で完璧なスタッフ組織を作らなければと焦り、スタッフの人数を加味せずタスクを過度に増やした内容を提案しました。


同期スタッフはそれに対し的確な指摘をしてくれた上に

自分がいっぱいいっぱいになっていることに気づいてくれて「抱え込まず頼って」と支えてくれた時に心の中では号泣でした。





同期スタッフはいつも落ち着いて物事を俯瞰して見ることができ、尊敬する仲間です。最後まで一緒に走り抜きたいと考えます。





スタッフリーダーという役職は現段階でも思考錯誤の日々で、あまり意味の見いだせない取り組みをしたりと失敗ばかりです。




しかし、取り組んだ上で改善点を見つけ、次の取り組みに挑戦していきたいです。





プレイヤーや各ポジションへの歩み方・育成・管理は完璧にできているというわけではありませんが、同期スタッフ初め後輩から多くの支えをいただき少しずつ役割と共に勝利に貢献出来るスタッフ組織を確立させていきたいと考えます。



ラストシーズン

頼りないスタッフリーダーではあるかもしれませんが、引退の瞬間に千紗に任せてよかったと感じてもらえるよう、最後まで誠心誠意部活動に、スタッフリーダーに励んで参りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも名城大学男子ラクロス部の応援をよろしくお願いいたします。


新4年MG齊藤千紗





コメント
名前

内容